育児ブログを書く理由、目標、得られたことなど

私が育児ブログを書く理由・目標・得られたことなど

このブログを始めて半年が経ちました。今まで書いた記事は73件。本腰を入れ始めた2018年9月からは、平日ほぼ毎日更新ができています(休む時もあります)。
ブログを運営することで様々な知見を得ることもできました。
この記事では、なぜ私がブログを始めたのか、何を目標にしているのか、育児しながらブログを書くコツ、ブログから得られたこと、などについて書きます。

何故ブログを始めたのか

このブログの目的は、以下の3点です。

  • Web(開発、マーケ、ライティング)の勉強がしたい
  • あわよくば副収入を得たい
  • 自分の記録を残したい

私は元々、会社でWebデザインやフロントエンジニアリングの仕事をしています。サイト制作にはWordPressを使うこともあり、自作テーマをコーディングした経験もあります。Webライティングを任されることも多くありました。

産前休に入った時、家に1人でいる時間が多かったため、Webの勉強がてら自分のブログを運営してみよう、と考えました。要は、仕事にも繋がる趣味にしたかったのです。
仕事ではないので何もかもが自由。壊し放題遊び放題のWeb環境です。実際、勉強にはとても役立ちました(ブログ運営で得られたことで後述)。
で、あわよくば副収入にもなればいいなーとも考えました。しかしブログで広告収入を得る、というのはとても難しくそんなに甘い世界ではないのは百も承知なので、これは目的の1割程度にしています。そうじゃないとちっとも収入得られずモチベ下がってしまうので。

また、自分の育児や仕事の記録を残しておきたい、という気持ちもありました。1人目の育休中はブログを書くなんて余裕は全くありませんでしたが、幸い2人目は育てやすい子で、自分も心に余裕が持てたので始めることができました。自分が育児や仕事で困ったこと、悩んだこと、良かったことなどを書いて、それが誰かの参考になれば嬉しい、とも思いました。

ブログの目標

目下、以下のことを目標にブログを運営しています。

  • 長く続けること(最低5年)
  • 100記事書くこと

長く続けること、というのは、私自身が飽きっぽくなんでもすぐに投げ出してしまうからです。人生で、何か1つだけでもいいから長く続けた、という達成感が欲しいのです。
パナソニックの創業者である松下幸之助さんが、「成功とは成功するまでやり続けること」とおっしゃったそうです。私は「成功」を目標にすると挫折してしまうので、「やり続けること」を目標にしました。

また、漠然と運営しているとあっという間に記事更新もなく数ヶ月経ってしまうため、とりあえず100記事を書くことを目標にしました。100記事達成したら、次は200記事を目標にします。とにかくやる、とにかく続ける、が最終目標です。

育児しながらブログを書く(続ける)コツ

まだはじめて半年なのに偉そうなこと書けないのですが…
私が心がけていることを書きます。

  • 1日500文字を目標にとりあえず書く
  • 書くのは平日、赤ちゃんが寝ている時、1人遊びしている時
  • 無理しない
  • ネタだしは上の子の保育園送迎中に

1日500文字を目標にとりあえず書く

ブログの更新頻度をあげるために、とりあえず毎日500文字は書こうと決めています。Wordpressだと、投稿編集画面の下の方に「文字数:◯◯◯」と文字数が出てくるのでそれをたまに確認しながら書いています。文字数で小まめに達成感を得られるのでモチベ持続にもなります。

また、500文字も書くと気分が乗ってきてすぐに1000文字書けたりして、1記事がいつの間にか完成します。「1日500文字書く」を続けることで、徐々にライティングスピードが上がり、家事育児の隙間時間でも1日1記事書けるようになりました。
最初は1記事書くのに3日かかっていましたが、現在では1.5〜3時間ほどで書き終えられます。文字数は1000〜3000文字くらい。早い時で1時間2000文字書けます。継続は力なり、を実感しています。

ちなみに、書くだけだと語彙は全く増えないので、たまに読書もするようにしています。

書くのは平日、赤ちゃんが寝ている時、1人遊びしている時

書くのは平日、赤ちゃんが寝ている時、1人遊びしている時にしています。つまり、自分の睡眠時間は絶対に削りません。
本当に幸運なことに、うちの赤ちゃんはよく眠る子で、毎日朝寝を2〜3時間ほどしてくれます。なので、その間にSNSを見たりブログを書く時間にしています。もし、上の子と同じようにお昼寝を1回30分しかしないような赤ちゃんだったら、きっとブログを書くなんてできなかったと思います。ただただ運が良かったです。
赤ちゃんが寝ている時間が短かったり、うっかりSNS眺めて2時間経っていた時は、赤ちゃんの1人遊びの時間に書くこともあります。でも、赤ちゃんの安全監視業務も同時なのであまり集中できず効率悪いです。

土日祝日は夫も上の子も家にいるので、ブログは休むことにしています。メリハリが大事かなと、なんとなくですが。

無理しない

「なんとなく今日は集中できないなー」「ソシャゲのイベント始まっちゃった」という時は無理せず書かないことにしています。仕事ではないですし、根詰めると疲れて嫌になっちゃうので、休む時は休みます。趣味(ソシャゲ)も優先します。
一番の目標は継続なので、バランスを大事にしています。

ネタだしは上の子の保育園送迎中に

毎日ブログ更新しているときは、書くネタに困ることもあります。
ネタだしは、上の子の保育園送迎の時にしています。想像力は家にいるより外を散歩している時の方が湧く、という話を以前聞いたことがあったのでそうしているのですが、確かに夕方お迎えに行く時、外を歩いていると「あれ書こう、こう書こう」と色々な考えが湧いて出てきます。思いついたら少し立ち止まってスマホでメモします。長文はメモできないのでテーマだけ。

しかし、書こう書こうと思ってネタが溜まるとかえって書く気力が起きなくなってしまうので、溜めすぎないようにもしています。

ブログ運営で得られたこと

私はブログを運営することで、以下のことを得ることができました。

  • サイト制作、運営、Webマーケなどについて知見を広められた
  • 文章作成が早くなった
  • ブログを新しい趣味にできた

サイト制作、運営、Webマーケなどについて知見を広められた

ブログ運営はWebの勉強にはとても役立ちました。自分でサーバーを借りて、ドメイン取得して、Wordpressインストールして、カスタマイズして、プラグイン入れて、スパム対策して、GoogleAdsense申請して、文章作成して…などなど。やることできることは山ほどありました。これは実際に自分でブログを運営してみないとわからないことだったので、良い経験になりました。
仕事に復帰した時、職場にこの経験を持ち帰って役立てることができるくらいにはなっています。

文章作成が早くなった

前述しましたが、最速で1時間2000文字を書けるようになりました。文章を早く書くには、とにかく継続と練習が大事なのだと知りました。たまに連休があって休んでいると書く速さが目に見えて落ちるので、継続も大事です。

ブログを新しい趣味にできた

ブログを書くって、意外と楽しいです。もはや趣味と言えます。1人目の育休中は、家事育児だけしている日々の中で、自分の生産性の低さや存在価値に悩んでしまうことがありました。しかし、2人目育休中の現在は「毎日ブログを書いている」というだけで達成感があり、全く悩むことがありません。
無料でアクセス解析ができるGoogleアナリティクスで、少しずつ検索流入が増えてくるのを見るのも楽しいです。

最後に

私の場合、ブログを続けられている理由として以下のことがあります。

  • 平日日中、上の子が保育園へ行っている
  • 下の子はよく寝て手がかからない子である
  • 2人目の育休中である
  • 時短家電を有している

日中、手のかかる幼児である上の子が保育園へ行っているため、下の子のお昼寝中にブログを書く時間があります。
またもし、上の子が手のかからない赤ちゃんだったとしても、1人目の育児では毎日これほど心に余裕はなかったと思います。
これまで買い集めてきた時短家電もとても役立っています。毎日30分で一通りの家事が終わるので、時間に余裕があります。(関連記事:第二子育休中、時短家電に助けられている

これらのいずれかが満たされていなければ、こんなに毎日ブログを書くことはできませんでした。ブログを始めることはできたと思いますが、更新頻度はもっと低かったと思います。
ただ、「ブログを始める」というだけでも結構なパワーが必要だったので、そこは思い切ってやってみて良かったです。おかげで毎日楽しいです。

まだまだ始めて半年ですが、これからもできるだけ長く続けることを目標にやっていきます。