アイドルグループ嵐との思い出

嵐は活動休止してもずっと私の人生に寄り添ってくれる存在

2018年1月27日、嵐が突然の活動休止を宣言しました。
育児日記のサイトなのにアイドルグループ嵐さんについて書くなんてすみません。でも活動休止がすごくショックで心の整理をしたかった。
嵐さんの思い出を少し書きます。
(私は嵐ファンとしては全然、ライトな方なので、全人生捧げているファンの方は読まないでください)

嵐との出会い

嵐がデビューとした時、私は芸能人やアイドルに興味を持っていませんでした。
なぜ嵐を好きになったのかというのは、記憶がぼんやりしていますが確か友人から「面白い番組があるから観て」と言われたことだったと思います。それが「Dの嵐」でした。

「Dの嵐」は2003年7月2日〜2005年9月28日に放送されていた深夜のバラエティ番組。DはドキュメントのDらしい。詳細に関してはwikipediaがすごく面白いのでどうぞ。
この番組では○○の瞬間、野生の○○、○○の行方、○○を放っておいたら?などを取材していました。深夜番組らしい自由さがあり、毎週楽しみに観ていました。中でも私が一番好きだったのは「うだうだスペシャル」で、嵐5人が全員パジャマ姿で一発芸を披露したり、チマチマと内職をやったり、ドッキリを仕掛けたりする回でした。ニノが吐血ドッキリを仕掛けて大野くんがショックを受け、番組最後まで気落ちしていたのは申し訳ないですが微笑ましかったです。松潤は早々にドッキリだと気づいて笑ってました。当時20歳そこそこだった嵐がパジャマ姿でわいわいゴロゴロしているだけで可愛い〜好き〜と思って観ていました。
「Dの嵐」では、彼らの仲の良さが全面に出ていて、その姿を観ているだけで毎週癒されていました。

嵐の思い出

受験期を支えてくれた嵐

「Dの嵐」ですっかり嵐ファンになった私は、嵐が載っている雑誌を買い漁り、CDをレンタルし、コンサートDVDを買うなどしました。
一番聞き込んだアルバムは「How’s it going?」です。「How’s it going? SUMMER CONCERT 2003」のコンサートビデオも何度も観ました。もう16年前なのかーと感慨深いです。
受験が辛くて、現実逃避するように毎日コンサートビデオを再生していました。コンサート中にニノが軽々バック宙をしているのを何度も観ました。「Walking in the rain」からの「Lucky Man」の曲がすごくかっこ良かったなあ。大野くんの「so-so-so」は歌もダンスも抜群に素晴らしかった。

失恋した時も支えてくれた嵐

嵐の曲ってキラキラした中にも憂いがあったり、深読みできる余白もあったりして、1曲1曲がすごく良いんですよね。「全部良い曲」っていうのはジャニーズのこだわりなんでしょうか。活動休止の記者会見でも翔くんが言っていましたが、これまでリリースした曲数は100曲を超えるそうです。
私は嵐の曲がとても好きなので、辛い時には特にその音楽の力を借りました。

失恋した時に何度も聞いたのは「Love so sweet」です。曲も歌詞も全部すごくよくて、辛い気持ちを慰めてもらいました。「こんな好きな人に出逢う季節二度とない」「明けない夜はないよ」って嵐の歌声でさ…思い出すだけで涙が出てくる。

ファンを辞めていた時もあった

嵐の冠番組がゴールデンタイムに移動して、どんどん嵐がテレビに露出する数が多くなっていく時期がありました。そして、5人でワイワイ楽しむ姿よりも、ゲストを招いてのトークがメインになっていき、「嵐の番組」としての面白さが下がったように感じました。そのあたりから、徐々に私自身がテレビから離れていき嵐を追いかけられなくなってしまいました。

また、辛い時に嵐の曲をいつも聴いていたので、日常が穏やかになると逆に「辛い時を思い出してしまう」現象が起きました。助けてもらったご恩は一生忘れませんが…。

活動休止の記者会見で思ったこと

最初に「活動休止」とだけ情報が入ってきた時は、まさか仲違いしちゃったのかとショックで目の前が暗くなりましたが、実際の理由が「大野くんが自由になりたい」から、というので心底納得し、安心しました。

記者会見を見て改めて、嵐はメンバー全員が固い絆で繋がっている、唯一無二のアイドルグループだったのだなと思いました。
大野くんが「自由になりたい」と言った時、メンバー全員でその気持ちを尊重して、みんなにとって一番良い着地点を探す。5人全員でそれができる、というのはなかなか難しいことだったと思います。
でも、その彼らの真摯な姿を見て、私が好きだった16年前からずーっと変わらない5人なんだと嬉しくなりました。ファンを離れていたけれど、また再度ファンになってしまいました。
あと、会見中にも5人のワチャワチャした仲の良さが見れてとても良かったです。あんな素敵な活動休止会見、初めて観ました。

しかし、嵐の活動休止は本当に残念。活動休止すると聞いて、改めて自分にとっての嵐の存在感を認識しました。
活動休止しても、好きだった気持ちを大事にこれからも応援し続けます。
そしていつか再結成して、新しい嵐を巻き起こしてくれるのを楽しみに待ちたいと思います。

その他の育児・共働き・4歳差姉弟・育休・出産などの漫画一覧