転職体験談、既婚子ナシの場合

ワーママ転職の話をしたいのですが、その前に、結婚1年目で転職した話を書きます。何しろ、子がいる・いないで相当手応えが違ったので。
以下が前提となります。

  • 20代女性
  • 大卒職歴1年未満
  • 東京都内
  • 職種は専門職

ワーママ転職体験談はこちら

なぜ転職したのか

当時、私は残業月平均40時間、手取り14万、残業代0、パワハラセクハラ当たり前のブラック企業に勤めていました。毎日誰かが上司に怒鳴られている環境に辟易していましたが、なかなか辞職の決め手がなく働いていました。

ある時、パワハラで先輩女性社員が辞職し、その後連絡すると転職に成功し給料も上がり、楽しく暮らしていると聞きました。
その先輩の転職話が決め手となって、私も転職を決意しました。

ブラック企業辞職の難易度

パワハラ当たり前の社風だったので大変でした。退職願を提出し、上長2名と面談しましたが、テンプレのように「ここを辞めるようではどこに行ってもまともに働けないぞ」や「絶対後悔するぞ」など言われましたが(勿論そんなことはない)、何を言われても辞める意思が固いことを示しました。意思が固いことがすぐ伝わったのか、そこまで引き止められることはありませんでしたが、「辞めた後にうちを訴えたらどうなるかわかってんだろうな」のような恫喝は受けました。やましいことがあるとこのようなことを言うのだな、と思いましたが、私もやはり怖かったので残業代請求などはせずそのまま縁を切りました。

その後、その会社は事実上消滅したことを人伝てに聞きました。当時から経営が赤字だったことと、労働環境の悪さから人がどんどん離れていったことで消滅したようです。

子ナシ女性の転職の難易度

大学を卒業して10ヶ月しか勤めなかったのですが、当時は20代で子供もおらず、職種も専門職だったため転職先はすんなり決まりました。今思うと、難易度の低い子ナシのうちに良い企業に就職しておけばよかったなと後悔もあります。が、ブラック企業で10ヶ月しか勤めていなかったので自分に自信がなく、面接5社以内で決まった中小規模のメーカーにすぐ決めてしまいました。景気の良い悪いにも左右されますが、ある程度の経験があって若ければいくらでも転職先は選べると思います。

利用した転職サービス

1社目の就職先はハローワークを利用したのですが、ハローワークへの求人は企業側に負担がなく、そのため資本力の弱い企業ばかりが集まっていると感じました。それに比べ、企業側からしっかりと料金をとって人材紹介をするリクルート等の転職エージェントサービスであれば、収益を得ている安定した企業だけを紹介されるので安心できます。計3社で働いた経験として、会社が儲かっているかどうかが一番重要だと感じたので、転職エージェントサービスを利用して採用活動を行っている企業は信頼度が高いです。
また、エージェントがついて就職活動を支援してくれるシステムも非常に良いです。ハローワークの職員も履歴書の添削や相談にも乗ってくれますが、転職エージェントは応募者の要望等を肩代わりして企業側へ連絡・交渉してくれるので、余計なストレスを抱えることなく面接だけに集中できます。

私が利用した転職サービスは、

でした。
この時はリクルートスタッフィングで転職先を決めましたが、リクルートスタッフィングは紹介予定派遣という形で、最初2ヶ月間実際に働いてみて企業側と応募者のマッチングが合えば正社員登用となります。なので、実際に働いてみないと不安だという人にはとてもおすすめです。
更に、短期派遣も探すことができるので、退職時期と次の入社時期の間が空いてしまう場合に繋ぎの仕事を探すことも可能です。私も簡単な事務の短期派遣を紹介してもらい、小遣い稼ぎをしました。

転職エージェントの感想はこちら

まとめ

以下は私の所感です。

  • 20代の転職は簡単。いくらでも失敗できる
  • 転職エージェントを使え
  • 転職先はいくらでもある

よく、自信のなさから転職に踏み込めないという話を聞きますが、未経験でも20代であればいくらでも仕事はあるので転職するなら早い方が良いです。就職活動に関しては若さが一番の武器で、企業にも寄りますが若ければ性別・既婚未婚はあまり関係ないと思います。もし、何か職能以外のことが原因で不採用になるのであれば、その企業が合わなかったというだけで応募者の落ち度ではないです。専門職だからこう思うのかもしれませんが、自分に合う企業は必ずあるはずです。
ただ、人も企業も変わりゆくものなので、最初は合っていても働くうちに「ステップアップしたい」「もっと別の経験も積みたい」「社風が変わった」などで転職するのは当たり前にあることだと思います。
無理して働いてもストレスで体を壊しては何のための人生なのか、と考えてしまうので、私はこの時早めに転職をして良かったと思います。

次は、産後2年でワーママとして転職した時のことを書きます。
→書きました!

その他の育児・共働き・4歳差姉弟・育休・出産などの漫画一覧