2人目育児

2人目は育てるのが楽の理由

「2人目は育てるのが楽」の理由4つ

第二子を産む前は、よく「2人目は育てるのが楽」と周囲から話を聞いていました。しかしうちは第一子が大変な子だったので、「また同じような赤ちゃんだったら大変だ」と思っていました。実際産んでみると、確かに赤ちゃんの個性以外で楽に感じる部分は多くありました。その話を書きます。2人目だからこそ楽な部分

夫の上の子かわいくない症候群が終わらない

夫の「上の子かわいくない症候群」が終わらない

私の悩み夫の「上の子可愛くない症候群」が終わらず、悩んでいます。以前、第二子を出産後数ヶ月、私も「上の子可愛くない症候群」で悩んでいたことがあります。産後8ヶ月経ってからはその悩みもかなり解消し、現在は第一子である娘をしみじみ「かわいいなあ」と思えるようにまで回復しました。関連記事[blogcard id="302"]私の回答

2人の子供の自宅保育が大変すぎる

2人きょうだいの自宅保育が大変すぎる

私は現在育休中で、うちには現在4歳の娘と0歳の息子がいます。平日、上の子は保育園へ行っているのですが、休日や祝日は家にいます(当たり前ですが)。そして毎週、2人の子供を自宅で育てるのは大変だな…ととても疲れます。そんな話を書きます。[outline]何が大変なのか

下の子の保活事情。平日仕事のパパでも夜の窓口で申し込み出来た

下の子の保活事情。平日仕事のパパでも夜の窓口で申し込み出来た

我が家の下の子の保活は、ほぼ全て夫に丸投げする形でやってもらいました。私は産後まだ体調が万全ではありませんでしたし、元気な夫がやった方が良いのではと考えたからです。事務・書類仕事は夫の方が得意だからというのもありました。そして今回、平日仕事をしているパパでも保活はばっちり出来る!ということがわかりました。詳細を書きます。[outline]申し込みの手順まずは

共働きの2人育児、1日生活スケジュール(計画)

2人目育休明け、復職後の生活スケジュール計画と問題点

育休からの復帰まで、もうあと1ヶ月ほどとなってしまいました。今回、復帰後は子供2人を保育園へ送迎し、限られた時間の中で家事育児をこなさなければいけません。現在すでに不安で胸がいっぱいなので、イメトレがてら復職後の平日生活スケジュールについて考えてみたいと思います。[outline]おおまかな生活スケジュールの計画問題点朝食の内容

2人育児、8ヶ月経って楽になってきたこと漫画

4歳差 姉弟の2人目育児が8ヶ月経った所感

2人目育児が始まってから、8ヶ月が経ちました。妊娠中は「姉弟の2人育児ってどうなるんだろう」と不安に思っていましたが、今ではすっかり生活も安定して落ち着いています。下の子が生後8ヶ月となった現在では、離乳食が進んだり、ずり這い・つかまり立ちが始まったりと少しずつ変化も起きています。そのことについて少し書きます。2人目育児、2ヶ月経過の所感はこちら[blogcard id="265"]

手抜き離乳食7〜8ヶ月

2人目の手抜き離乳食レポ(7〜8ヶ月)

2人目育児における離乳食が3ヶ月目に入りました。7〜8ヶ月の離乳食といえば2回食。極限まで手抜きをしたいと思っているため2回食はハードルが高く、面倒がっていましたが今は週4、5回くらいの頻度で2回食しています。毎日はちょっと…面倒で…。現在の離乳食がどんな感じか書いていきます。

2人目の産後初の冬、上の子の風邪

2人目の産後初の冬、上の子の病気

乳幼児持ちの我が家では、冬といえばインフル・胃腸炎などなど、病魔が襲いかかってくる季節です。今年は2人目が生まれ、ますます冬の感染病が怖くなりました。先日はついに上の子が風邪を引きました。一晩で熱が下がったので大したこともなかったのですが、夜中はそれなりに大変だったので書き記します。

パンパースは改悪されたのか

パンパースは改悪されたのか?漏れ対策にムーニーマンとも比較してみた

我が家では、4年前に上の子を出産した時からパンパースのオムツを使っていました。2人目の育児にも使っているのですが、ものすごい回数で便が漏れる。あまりにひどいため、個人的に色々と調べてみました。この記事では、2019年1月現在のパンパースの質についてパンパースとムーニーマンとの比較パンパースをやめるに至るまでに

手抜き離乳食1ヶ月目

2人目の手抜き離乳食を開始した1ヶ月目レポ

2人目の離乳食は極限まで楽をしたいなと考えながらゆるーくやり始め、早くも1ヶ月が経ちました。どのように楽をしながら進めてきたのか、レポを書きます。(とはいえズボラな自分としてはこれでも面倒でした…)前回の準備編はこちら[blogcard id="857"]離乳食開始から1ヶ月のレポ1週目粉末のおかゆから開始。お湯だけだと少量のためすぐ冷めて