妊娠中の腰痛をマットレスが改善した話

妊娠中の腰痛、とても辛いですよね。私はデスクワークで34週まで働いていたのですが、30週過ぎる頃にはもう腰が痛くて1日パソコンの前に座っているのがとても辛かったです。産前休暇、もっと早くならないものでしょうか…。

今回、妊娠中の腰痛はとても深刻で、歩くのも辛い時がありました。その腰痛をマットレスで改善した話です。

温泉旅行で出会ったマットレスで腰痛が改善

妊娠28週頃、産前最後の旅行に鬼怒川温泉へ行きました。お宿は憧れの星野リゾート「界 鬼怒川」。
私はこのとき初めて知ったのですが、星野リゾートのベッドは「ふわくもスリープ」という、日本ベッドと共同開発された特別なものだそうです。
このベッドに横たわると、腰が全く痛くないのです。
お腹が大きくなってきて、仰向けになるのも出来なくなってきた頃だったのですが、ベッドがふんわりと体全体を支えてくれるので、仰向けに寝そべるのも楽でした。
別の原因から腰痛を患う夫も、このベッドだと腰が痛くないと感動していました。

代替案のマットレスを探す

温泉旅行から帰宅し、すぐにふわくもスリープの購入を検討したのですが、価格が20万円ほどらしく断念。
健康を金で買えるなら安いもの、という考えではいますが、さすがに20万円はポンと出せません…。
そこで、それなりの値段のマットレスなら、ふわくもスリープほどでないにしても腰痛改善になるのではと考え、色々と実地調査を重ねた上でニトリのセミダブルマットレスを購入することにしました。

ニトリのベッドマットレスの特徴

ポケットコイル

スプリングのは、ポケットコイルになっています。ポケットコイルについては以下ご参照。
参照:ボンネルコイルとポケットコイルの違いを比較してみた

このように、このマットレスだとスプリングが縦に独立して入っているため、1箇所に体重をかけてもマットレス全体は揺れません。我が家では夫婦・子供と複数人で使うため、寝返り等で振動が隣に響かないポケットコイルが最適でした。赤ちゃんが寝ているところに大人が乗っても揺れないので、赤ちゃんが起きません。

使用感

重たくなったお腹や腰周りがちょうどよく沈み、横向きになったときでも腰が痛みません。実際、臨月近くにお腹の張りが強く、家では常に横になっていましたが長時間横向きに寝そべっていても負担がなく、楽に過ごすことができました。
同じように腰痛持ちの夫も、このマットレスを使うようになってから腰の痛みが減ったと言っています。

価格

価格は7万円程度と高価ではありますが、ふわくもスリープ20万円に比べればまだ買える。これで夫婦の腰痛が良くなるなら安い、と思って購入し、かなり満足しています。

補足

我が家は都内の狭小マンションのため、ベッドのフレームは使用せずマットレスを直に床に置いて寝ています。カビると嫌なので、一応フローリングに吸水シートを敷いた上に置いています。また、週に一度は壁に立てて通気するようにしています。
購入から半年以上経過し、冬と夏を過ごしましたが、今のところカビは生えず問題なく使用出来ています。

最後に

腰痛は治療するもの、と考えていましたが生活を見直すことでも改善されるのだな、と実感した体験でした。確かに、毎日何時間も寝そべる布団なのですから、良いものを選んだほうが良いに決まっていますよね。あの時、界鬼怒川へ泊まりに行ってふわくもスリープに出会えて良かったな、と思います。