2人目の離乳食は極限まで手抜きしたい。準備編

6月生まれの息子が生後5ヶ月になってしまいました。あと2週間で6ヶ月です。早い、早すぎる…。
ということで、そろそろ離乳食のことを考えなければなりません。とりあえず情報収集と準備を進めました。という記録です。

本を買ってみた

離乳食の本は上の子の時のものがまだありましたが、4年前の本なのできっと色々違う情報もあるだろうと考えて、とりあえずひよこクラブを購入しました。
ひよこクラブ付録、離乳食の本。表紙
4年前もひよこクラブの付録で離乳食について学んだなあと懐かしく思いました。

ひよこクラブ付録、離乳食の本。中面
パラパラめくって読んでみたところ、面倒だな…とうんざりしてしまいました。まだ始めてもいないのに…。
一度始めるとノンストップで毎日あげなきゃならないんだったな。うちにはブレンダーがあるにしろ、面倒だ、と一瞬気が遠くなりました。

薬局でBFなど買った

いきなり本を読んだせいかうんざりしてしまったので、どうしたら楽に出来るのかネットで検索してみました。すると、最近のベビーフードはドライフードや粉末などかなり充実しているとのこと。早速、近所の薬局へ行って買い込んできました。

離乳食にベビーフードを活用

ドライフードのベビーフード離乳食
これは和光堂から発売されているドライフードの離乳食。お湯をかけるだけですぐに食べさせることができます。
魚、ほうれん草、鳥レバーと野菜のドライフードがあったので買ってみました。どうせ最初は1さじから始めるので、こういったもので試せるのはかなり楽で助かります。金額は130円程度でした。

お湯で溶かすだけの粉末ベビーフード
これは粉末タイプのベビーフード。米かゆ、白身魚と緑黄色野菜、緑黄色野菜3パックが入ったものがありました。これもお湯で混ぜるだけですぐ食べられます。どれも200円程度でした。

開けるだけですぐ食べられるベビーフード
これはキューピーから発売されている瓶詰めのベビーフード。開けるだけですぐ食べられます。上の子のときに使っていたのですが、粉末やドライフードより美味しくて、食べる量が増えてくる頃に重宝しました。金額は100円程度でした。

宅配スーパーに登録した

上の子のときはパルシステムの宅配サービスを利用していました。パルシステムでは数種類の冷凍裏ごし野菜が購入できるので、離乳食によく利用していました。
とうもろこし、人参、じゃがいも、かぼちゃの裏ごし野菜をお粥やパン粥に混ぜて食べさせていました。
面倒な裏ごしをする必要なく、レンジで温めるだけですぐ食べられるので本当に助かりました。

食材の安全性もパルシステムの売りなので、そこも信用が出来て良かったです。農薬やアレルゲンの検査をしっかり行っていると書かれていました。参考リンク
まだ未熟な赤ちゃんに与える食材なので、なるべくいいものをあげたい。パルシステムなら週1回、自宅まで届けてくれるのでとても便利でした。

上の子の離乳食が終わってからは一度退会したのですが、再開という形でまた加入しました。ちなみに再加入でも、お試しセットを送っていただけました。なんでだろ。

初回は1000円でお試しセットを送ってもらえるのでおすすめです。強引な勧誘もありません。


最後に

とりあえず、離乳食を始める下準備だけは整えました。どこまで手抜きできるかまだわかりませんが、お粥以外は調理なしで進めていきたいです。上の子の時も相当手抜きしていましたが、さらに手抜きを極めたいところ。次回は実際に離乳食を初めてみた感触を書きたいと思います。