育児の疲労回復に夫婦でペアストレッチ

育児の疲労回復に、夫婦でペアストレッチ

育児ってめちゃくちゃ疲れます。一体何時間抱っこしているんだろうという日もあり、赤ちゃんがぐずりがちな時は背中がバキバキに固まってしまいます。それが毎日ですから、疲労はどんどん蓄積されていきます。
先日、思いたって夫婦でペアストレッチをしてみたところ、体がスッキリして疲労回復に良さそう、そしてとても楽しい、と思ったので書き記します。

ストレッチの有用性

ストレッチをすることによって、固まった筋肉が弛緩し血行が良くなり、老廃物が流れてくれます。そうすると、疲労回復にも繋がるそうです。
乳児育児をしているとどうしても長時間の抱っこや立ち仕事が増えて体の筋肉が固まりがちです。固まった筋肉をそのまま放っておくと、疲労感が抜けず体がどんどん辛くなります。疲れていると体を動かすのもしんどいですが、乳児育児中こそ疲労回復のためのストレッチを勧めたいです。

夫婦でのペアストレッチの良さ

単純なストレッチでも、夫婦で行うと良いことがあります。

  • 体育の授業のようで楽しい
  • 1人でやるより効果が高い

第一に、とても楽しいです。学生の時の体育の授業をやっているみたい。うちの夫婦は高校の同級生同士なので、よりそう思うのかもしれません。笑うことは免疫力アップにもなるので、楽しい時間が少しでも増えるのは体にも良いと思います。ついでに子供も楽しそうで、「自分も!」と参加してくるのが面白いです。

また、1人でストレッチを行うより2人で行うペアストレッチの方が、より強い力で体を伸ばせるので効果が高いと言われているそうです。確かにやってみると、その通りだと感じます。

実際のペアストレッチ方法

抱っこ筋を伸ばすストレッチ1

育児夫婦でペアストレッチ1
2人の腕で大きな輪を作るイメージです。上になっている腕をお互い引っ張り合うと、腕と体の横の抱っこ筋が伸ばされます。
10秒×3セットやると十分なストレッチになるかと思います。

抱っこ筋を伸ばすストレッチ2

育児夫婦でペアストレッチ2
これは腕、背中、腰の抱っこ筋が伸ばされます。気持ち良いです。10秒×3セットやります。

ペアストレッチの注意点

2人でやっているとついふざけて強い力を入れてしまうこともありますが、無理は絶対に禁物です。力を入れすぎると筋肉が無理に伸びて怪我に繋がることもあります。お互いの様子を見ながら無理のない気持ち良い程度のストレッチをしましょう。

最後に

できれば朝晩と行うと効果が高くなりますが、なかなか時間も取れないのでたまにでも良いと思います。夜、お風呂のあとに「今日もお互い頑張ったね」「これから寝かしつけの抱っこも頑張ろう」と声を掛け合うと良いコミュニケーションになります。夫婦仲が良い、または普通の時でないとなかなか出来ませんが、やってみると楽しいです。