認可保育園内定後の面談・入所前健康診断を受けてきた(姉弟同園)

認可保育園内定後の面談・入所前健康診断を受けてきた(姉弟同園)

先日、下の子の保育園入園が決まり、すぐに入園面談と入所前健康診断が行われました。
1人目の時は「面談で内定取り消しになったらどうしよう…」と不安に思っていましたが、今回は上の子が通っている保育園なので特に気負わず、普通のテンションで行ってきました。
面談の内容や健診がどんな内容だったのかメモします。

関連記事
2人目育休明け、復職後の生活スケジュール計画と問題点
復職1年目のワーママが直面する困難と解決策を考える
復職前面談で人事と話した内容。相談・報告など

入園面談について

面談の日程・時間

入園内定は、上の子の送迎で保育園へ行った時に直接園の先生から聞きました。その際、面談の日程も決めていただきました。
上の子が通っている保育園だからか、内定が決まってから5日後に面談となりました。私が1人目だったそうです。
時間は面談が9:00から、検診が14:00からでした。
面談は上の子の登園後、そのまま開始。検診は園医の先生が来る時間に合わせてその時間に決まりました。1日に何度も保育園へ行くことになって少し大変でした。

上の子の時は、確か保育園からの電話で内定の連絡をいただき、そのままその電話で面談の日程調整もしたように記憶しています。これは園によって違うのかもしれません。
事前に記入しておく書類(入園面接書)もあるので、この書類が郵送の場合は面談の日程が遅くなるのかもしれません。上の子の時は直接書類を受け取りに行きました。

面談時の持ち物

  • 入園面接書
  • 食物アレルギー調査票
  • 母子手帳
  • 乳幼児医療証
  • 保険証
  • スリッパ

あと、書面には「支給認定証」とありましたが、受け取っていないので持っていきませんでした。これは保育園の内定を証明するものらしいのですが、未だに受け取っていません…。おそらく後日、役所の方から送られてくるのだろうと思います。おそらく。

入園面接書は3枚で裏表あり、記入箇所がすごく多くて難儀しました。私はギリギリの前日に渡されたので、夜に夫婦で必死になって書き込みました。

食物アレルギー調査票は、現在の離乳食の進み具合を確認するためのものでもありました。うちの子は特にアレルギーはないのですが、アレルギーがある場合はかかりつけ医から診断をもらってアレルギー除去の申請をしなければなりません。おそらく、面談の時にアレルギーがある場合はその説明がされるのだと思います。

面談に着て行った服装

上の子の時は、緊張してきれい目の授乳服を着て行きましたが、今回は通い慣れた保育園ということもあり普段着で行きました。すれ違った他のお母さんもそうでした。
特に気負わず、普段通りの服装で大丈夫だと思います。

面談の内容

かかった時間

面談は全部で1時間で終わりました。先生からの質問がかなり多く、時間がかかりました。
質問は、大体以下のことを聞かれました。

  • 離乳食の進み具合
  • 現在の生活週間
  • 癖・性格
  • 発達
  • 育児への悩み・不安があるか?
  • 登園時の持ち物の説明
  • 保育時間

離乳食の進み具合

離乳食が現在どれくらい進んでいるのか、アレルギーはあるのか、ということを聞かれました。
入園までにある程度の食材は食べさせて問題がないことを確認しておいてください、と言われました。リストはもらわなかったので、後日いただくのかな?と思いますがわかりません…。

また、ミルクは飲めるのか、母乳の持ち込みをしたいか、も聞かれました。
うちの子はその気になればミルクも飲めるので、そう伝えました。母乳の持ち込みは自分も保育士さんも負担になるのではと思い、断りました。

生活週間

現在の生活週間について、1日のお昼寝がどれくらいあるのかと、離乳食と母乳の回数についても聞かれました。ただ現在のことが聞きたいだけのようでしたので、正直に答えて問題ないと思います。

癖・性格

眠くなった時の癖、寝つきの良さ、授乳後どれくらいでげっぷが出るか、どのような性格か、などを聞かれました。
保育園での生活の目安にしたいのだろうと思います。

発達

発達に問題がないかも見られました。名前を呼んで振り返るか、ハイハイ・つかまり立ちができるかを確認していました。
また、これまで首すわり、お座りなどが何ヶ月くらいでできるようになったかも確認がありました。
発達が遅い時、悩みがある時は先生が相談に乗ってくれます。

育児への悩み・不安があるか?

育児相談にも乗ってくれました。私は2人目ということもあり特に悩みがなかったのですが、保育園では保育士さんが積極的に育児の相談に乗ってくれるので助かっています。

登園時の持ち物の説明

うちは認可保育園なので、登園の荷物がとても多いです。一通り説明を受けましたが、上の子の時から少し変わっている持ち物もありました。毎年少しずつ改善・調整がされているのですね。

保育時間

勤務時間・会社への通勤時間から、保育時間を決めました。
朝、少し早く登園させたかったのですが、転職して会社が近くなったので無理でした。残念…。

慣らし保育のスケジュール

仕事への復職予定日から、慣らし保育の日程を決めました。私は5月から復帰のつもりなので、4月中旬から始めることになりました。熱が出ることも考えると早めが良かったのですが、4月から復職の人を優先して始めるとのことでした。

面談中の子供の様子

認可保育園内定後の面談・入所前健康診断を受けてきた(姉弟同園)
面談中の子供は、テーブルの隣に敷き布団を敷いてもらい、赤ちゃん用のおもちゃをたくさん出してもらって遊ばせられました。
息子は最初おとなしく遊んでいましたが後半は飽きてきてしまい、面談相手の先生が遊んでくれました。息子はすぐに先生と仲良くなって一緒に遊んでいたので、入園してからもあまり泣かないかなと期待が出来そうでした。

面談後

面談の後、追加の提出書類と入園式について案内されて終了しました。
追加の提出書類は、以下です。

  • 家庭状況書
  • 重要事項説明
  • 保育料の払込用紙

家庭状況書は、上の子の時にも毎年提出しているものです。うちはPDFで作成しているので、少し修正して印刷するだけで簡単に済ませています。書類を電子化するのはとてもおすすめです。
これの提出期限は3月中旬でした。入園式の前にもう一度直接保育園へ行って提出する必要があります。
うちは毎日上の子の登園で保育園へ行くので問題ないですが、そうじゃない人は何度も保育園へ行かなければならないので大変だろうと思いました。

重要事項説明は、保育園の概要、教育理念、開所時間、休業日、利用定員、緊急時の対応、などなどの説明が書いてある書類です。これの説明を受けた、というサインをして提出します。これは保育園によってあったりなかったりするのかもしれません。

入所前健康診断について

健康診断は、以下を見ていただきました。

  • 身長
  • 体重
  • 頭囲
  • 胸囲
  • 医師の診察

久しぶりに体重を測ることができて良かったです。以前より体重が増えていて安心しました。
医師の診察は、聴診器での心音の確認と、喉の状態を見られました。
特に問題なく、全部で10分もかからず終了しました。

面談後も提出物があるので注意

面談後に追加で書類が渡されました。帰ってから提出期限を見たところ、3月中旬でした。油断して放置していたら入園式当日になっていた、ということになるところでした。危ない。
入園後も、度々書類の提出物があります。家庭状況書などは毎年同じものを出すことになるので、今からPDFで作成しておくと後々が楽です。

最後に

今回の面談は、基本的に試験ではなく保育士さんとの育児の情報共有が目的でした。面談で内定取り消しになることは、あまりないようです。入園を決めるのは保育園ではなく役所の役割ですから、考えてみれば当然かもしれません。

保育士の先生との面談も終わり、あとは入園式を待つのみとなりました。
仕事への復帰、子供2人連れての送迎、発熱での呼び出しなど、今から不安なこともたくさんありますが、大変なのは最初の1年。親子でこの1年をなんとか乗り切っていきたいと思います。

関連記事