新聞紙でミニテントを作る

kodomoe(1/7発売)を読んで新聞紙ミニテントを作った

私はkodomoeという雑誌がとてもとても好きで、2019年1月発売のkodomoeも購入しました。
こんなキラキラした家には出来ないなーでも素敵だなーと思いつつペラペラめくっていたところ、「新聞紙で作るミニテント」の作り方が掲載されていました。見た感じ、簡単に作れそうだったので早速作ってみました。

読んだkodomoeはこれ。

ミニテントの作り方の詳細は、実際のkodomoeをぜひ購入してご覧ください。ここでは作ってみた所感を書きます。

新聞紙でミニテント作ってみた

新聞紙でミニテントを作る

新聞紙ミニテントの作り方

材料は、3日分の新聞紙・輪ゴム・セロハンテープです。
ここで見誤っていましたが、我が家は新聞紙をとっていません。なので、パルシステムのカタログで代用しました。が、後々わかったのですが、パルシステムのカタログと新聞紙だと大きさが違ったため、仕上がりは2/3程度の大きさになってしまいました…。

土台を作る

土台の枠を4本作ります。新聞紙5枚を重ねて半分に折り、棒状に丸めます。
この時点でわかったのですが、紙が大きくて丸めるのが結構大変。夫にも協力してもらいつつやりました。

テント外側の枠を作る

テント外側の枠は4本。ですが、長さを出すために棒状に丸めた新聞紙を2セット使って1本の枠にします。なので、実質作るのは8本。なかなか大変でした。
(このあたりで、パルシステムの紙が小さいことに気づきました。)

テント横の壁部分を作る

新聞紙2枚を上下に繋げ、それを三角に整形します。これが結構大変でした。めっちゃ大きい。最初の1枚だけ真面目に作り、あとは組み立てた枠に直接ペタペタ貼っていく上で繋ぎ合わせました。この方が楽だった。

テントを組み立てる

最初に外側の枠を1つにまとめ、輪ゴムで束ねます。
束ねた方を上にして、枠を広げてテントの形になるよう立たせます。
足を折り返して土台にセロハンテープで固定します。これを繰り返して、組み立て完了。

完成!

新聞紙ミニテント完成
組み立てた枠組みに壁部分を貼って完成!
新聞紙がなくてパルシステムのカタログで作ったため、一回り小さい出来栄えとなりました。でも狭い我が家にはちょうど良い大きさ。4歳の娘がぴったり入れるくらいです。ここまで作成の所要時間は1時間半ほどでした。疲れた…。

良かった点

新聞紙で作るので、簡単です。壊れてもすぐ直せます。
作っている間、娘も手伝いたい!というので紙を重ねたり、半分に折ったりするのを手伝ってもらいました。親子で一緒に作れて楽しかったです。

難点

やっぱり、紙で出来ているから壊れやすいです。壁部分がすぐ破れました。
薄い布を買ってきて貼れば丈夫で見た目も良くなると思います。

子供の反応

一回り小さい出来栄えとなりましたが、とてもはしゃいで喜んでくれました。中にちょこんと入り込んで座っている姿が可愛かったです。
保育園でもらってきた紙のハートや星を使って、一緒に飾り付けをしました。娘も楽しく作るのを手伝ってくれて良かったです。

最後に

こういったミニテントは、自分が小さい頃に欲しかったので一緒に作れて良かったです。やっぱり自分が小さい頃にしたかったことを自分の子供にもしたくなってしまうのだなーと感じました。
また、新聞紙を棒状に丸めたもので他にもいろんな形のものが作れるのでは?とも思いました。家のスペースに合わせた物を自由に作れそうです。

その他の育児・共働き・4歳差姉弟・育休・出産などの漫画一覧