育休中も時短家電に助けられている

第二子育休中、時短家電に助けられている

私は2018年11月現在、育休中の身です。共働きフルタイムの時からコツコツと買い集めた家電のおかげで、今は毎日ルーティンの家事(掃除・洗濯・食器洗い)が30分で終わる生活を送っています。料理は20分くらい。現在の生活について少し書き記します。

家事の内容

毎日ルーティンの家事は以下となります。

  • 掃除
  • 洗濯
  • 食器洗い

他に、以下のものがあったりなかったりです。

  • 料理
  • 風呂掃除
  • 洗濯物畳み

毎日全部やろうよって思われるかもしれませんが、上記は赤ちゃんの機嫌と自分の体調次第で後回しにしています。無理はしないことを第一に育休生活を送っているので…。

掃除はマキタで5分

掃除は、4年前に買ったコードレス掃除機のマキタを使っています。コードレスなので、さっと取り出して家中かけてもすぐに掃除が終わります。ざっと5分くらい。3分かもしれない。家が狭いこともあって、すぐ終わります。

調べると、今は吸引力が強いモデルが出ているそうです。いいなあ、買い換えたい。

洗濯は干すものを最小限にして10分以内

うちはドラム式洗濯乾燥機を使っているので、干す洗濯がほとんどありません。毎日10枚もないかも。ほとんど乾燥機でそのまま乾かしています。なので、洗濯機を回しさえすれば5分くらいで終わります。洗濯前に洗濯槽内の埃を取ったりなどのお手入れ含めて、計10分程度です。日立のビッグドラムを使っているのですが、風アイロンという機能がとても良く、ワイシャツでもシワシワになりません。洗濯物の量が少なければ、1枚も干さずに洗濯が終わるくらいですが、乳幼児がいると洗濯物の量が大量なためやむなく数枚は干しています。

洗濯機のレビュー記事はこちら

食器洗いは食洗機で5分

去年、食洗機を購入してから食器洗いの負担が劇的に減りました。もう本当に、食洗機のおかげで世界が変わりました。食器を食洗機の中に入れて、洗剤を入れてボタンを押すだけ。5分もないくらいで食器洗いが終わります。手荒れもしなくなりました。
価格は大体6万円くらいでした。設置は夫が自分でやったので、設置費用なし。工事というほどのこともなく簡単だったそうです。
高い買い物でしたが、費用対効果はとても高いです。何せ毎日の食器洗いの時間がなくなり、手荒れもなくなりますから。

これは小さめですが工事不要の食洗機。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥58,488 (2018/12/19 03:39:05時点 Amazon調べ-詳細)

子供もいるなら大きい食洗機がおすすめです。うちはキッチンが狭いので、シンクの隣にスチールラックを組んで食洗機を置いています。

料理は温めて並べるだけ10〜20分

料理の時間は夕方のみで、大体20分ほどで終わらせています。レンジでチンするだけとか、煮るだけ焼くだけとかの簡単な料理を1日1品作ったり作らなかったり。大体は日曜の夜に作って、平日は残り物+作った1品や冷凍食品、惣菜などを食べています。
冷凍食品でも、唐揚げ+肉団子+枝豆と、簡単に作った味噌汁、ミニトマトも添えればかなり見栄え良いご飯になります。焼くだけの冷凍餃子も重宝しています。とにかく楽がしたいので、手の込んだ料理は一切していません。

余った時間を何に使っているのか

正直、時間が余っているようには感じていません。日中は赤ちゃんがいますし、お世話したり遊び相手をしていると1日が終わっています。
ただ、時間に追われず家事を片付けられる、というので心に余裕があります。

第一子を産んだあとは、上手く育児と家事を両立できずに「今日はこれができなかった」「家事は全部中途半端でやりきることができなかった」という毎日でした。しかし今回は時短家電たちのおかげで時間に追われず家事をこなせています。家電を買うお金はかかりましたが、買っておいて良かった、と思います。

最後に

産後すぐはこんなに余裕のある生活は出来ませんでした。赤ちゃんがぐずりがちだったり、体が動かなくて家事が出来ない日もありました。生活が安定したのは、産後3ヶ月が経過したくらいの頃だったと思います。赤ちゃんの生活リズムが整ってきた時期です。

時短家電の中でも特に助けられているのは、コードレス掃除機と食洗機です。この2つは全ての家庭におすすめしたいです。
家事時間を減らして人生を楽しむ時間を増やせたらと思います。以上です。