浅草橋に五月人形を買いに行った話

浅草橋に五月人形を買いに行って値引き交渉もした話

浅草橋に五月人形を買いに行った話
先日、五月人形を買いに浅草橋へ行きました。私はよくわかっていなかったのですが、都内で雛人形や五月人形を買うなら浅草橋!というくらいお店がたくさんありました。
最初はデパートを物色し、次にネットを徘徊し、最後には浅草橋へ直接足を運ぶことになりました。五月人形を買うだけでこんなに難航するなんて思ってもみず、大分疲れました。その話を書きます。

雛人形と五月人形の扱いに差がある

以前、上の子の雛人形を買ったのは新宿の某デパートでした。デパートに並んでいるものならちゃんと良い物だろうという信頼感がありました。
当時4年前、2月上旬あたりからデパートの中に催事場が設けられ、たくさんの雛人形が並んでいました。私はその中から、狭小マンションの玄関にも飾ることができるような小さな雛人形を選びました。小さくても作りが繊細で、美しい雛人形でした。

今回、息子の五月人形も同じようにデパートで買うつもりでした。しかし、今回の五月人形の展示はどこのデパートも小規模で、値段は10万円以上のものばかり。これが格差か…とうなだれて帰りました。

ネットを徘徊してみる

デパートの次に、ネットを徘徊してみました。すると、5000円〜5万円程度で良さそうなものが出てきました。しかし1万円以下のものはどうにも信用がおけない。5万円程度なら良い物かと思いつつ、大きな金額になるので実物を見ないで買うには勇気が足りない。
ということで、ネットでの購入は思い切れず断念。やっぱり実物を見にいこう!となりました。

人形といえば浅草橋らしい

浅草橋に五月人形を買いに行った話
とりあえず浅草橋へ行って、スマホでお店探しながらあちこち見てみよう、とほぼノープランで浅草橋へ行きました。
駅を出るとすぐに数人の男性が五月人形の割引券を配っていました。赤ちゃん、子供連れの人に配っているようでした。とりあえず、最初に割引券をもらったお店へ行きました。

1件目は昇玉というお店。大通りから1本外れた通りにあるお店でした。
1階、2階と兜がずらっと並んでいて、値段もデザインも様々。その中で、予算で買えそうでデザインも良い物を1点見つけました。

一応、1件目で良さそうな物を見つけつつ、3件は回って見てみました。大手の人形屋さんである久月、吉徳などは値段が高く値引き交渉も出来ないと聞いていたので、最初から選択肢から除外しました。
小さな店舗を回って、やっぱり最初の兜が良さそうだと思って戻り、お店の方と値引き交渉。89,000円だったところ、81,500円で買うことが出来ました(そもそもの定価は118,000円だったらしい)。
良い買い物が出来て満足!でした。
8万円で買った五月人形
こちらが実物。兜、屏風、台、弓、刀がセットになっています。
細部の造形が繊細で綺麗でとても気に入りました。屏風と台が白ベースなのも決め手です。
他の五月人形は、男児の物だからか、黒!金!赤!という色が多くてあまり惹かれませんでした。

うちはデザインで選んだらたまたま伊達政宗になりましたが、推し武将で探すのも良いかもしれません。

人形の昇玉

今回、私が五月人形を買ったお店は「人形の昇玉」さん。

浅草橋駅から徒歩3分くらい。お店の方は親切で、色々と人形について教えてもらえました。
時期が遅かったからか、「最後だから値引きしますよ!」と気前良くおっしゃっていただけました。

その他の育児・共働き・4歳差姉弟・育休・出産などの漫画一覧