子連れクラシックコンサート鑑賞

入場無料!幼児の初クラシックコンサート鑑賞を東京オペラシティで

この度娘が4歳になったのを機に、子連れで初のクラシックコンサート鑑賞へ行きました。うちの夫は学生時代、アマチュアのオーケストラ楽団に所属していたのでいつか娘も連れて行きたいと言っており、それがやっと実現しました。
幼児連れのコンサート鑑賞の所感、入場無料のコンサート情報、東京オペラシティの情報等をまとめます。

東京オペラシティの入場無料コンサートへ

4歳でも初のコンサートなので、最後まで集中して見れるかわからない。途中で飽きたりして退場するとコンサートの料金がもったいない。
ということで、東京オペラシティで開催される入場無料のコンサートへ行きました。

コンサートについて

私が行ったのは毎年夏開催の音楽の「たまて箱」です。
途中2回の休憩を挟む3部構成で、0歳から入場可能。事前申し込みも不要なので、フラッと立ち寄る感覚で行くことが出来ます。我が家は3部の「海上自衛隊東京音楽隊」の演奏を鑑賞しました。

席について

子連れの家族は後方のファミリー席に案内されます。ホールへ入るとすぐに係員の方から声がかかり、空いている席へ案内してもらえます。周りはみんな赤ちゃん連れ、幼児連れなので、子供がぐずったり泣いたりしても咎める人がいないので安心できます。会場は出入り自由なので、子供が泣いたら演奏の途中でも外へ連れ出せます。外へ出ると、途中で飽きてしまった子供たちがジュースを飲んだり歩き回ったりしていました。

服装について

ドレスコードはないので、我が家は普通の私服で行きました。中には、男性はスーツ、女性は紺色のワンピースやドレスで来られている方もちらほらいらっしゃいました。クラシックコンサートを楽しむという目的ならば、正装で行かれるのも良いかもしれません。(私服の方もかなり多かったです。6〜8割は私服の印象でした)
子連れではないクラシックコンサートであれば、スーツ、ワンピース、ドレスの正装で行くのが無難かなと思いました。

音響について

東京オペラシティのコンサートホールは、クラシックコンサート専用に作られたホールなので、音響がとても良いです。家族連れの後方席でも心地よい演奏を聴くことができると評判です。今回、入場無料の機会に行くことが出来たのでとても良かったです。

クラシックコンサート、何歳から入場可能?

今回行った音楽の「たまて箱」は0歳から入場可能です。ですが、一般的に就学前(小学校入学前)の子供は入場できないことが多いようです。クラシックコンサートはゆったりと芸術を楽しみに来る方がほとんどなので、その配慮として年齢制限が設けられているようです。
小学校入学前の0〜5歳のお子様連れでコンサートへ行きたい場合は、ファミリー向けに開かれるものもあるのでそちらをチェックすると良いと思います。東京オペラシティでは、年に何回か0歳から入場できるクラシックコンサートを開催しています。

東京オペラシティのコンサート情報

東京オペラシティのコンサートカレンダー
0歳から入場可能なコンサートの検索結果

幼児連れクラシックコンサート鑑賞の所感

最初の2曲くらいは大人しく座って聴いてくれていました。曲が終わると周りに合わせて拍手をするので可愛かったです。時間が昼過ぎだったので、3曲目あたりで眠ってしまいました。予定外のお昼寝となり、夜の寝かしつけが心配になりましたが、その後の演奏を大人だけでゆっくり聴けたので良かったです。
周りの子供たちも途中退場する子はそこまで多くありませんでした。
やはり、0歳連れの方は赤ちゃんをあやすのが大変そうでした。うちの4歳児は比較的大人しく見てくれていたので、これくらいの年齢だと安心かもしれません。
また、演奏前には子供にトイレへ行くよう促すのを忘れないよう注意した方がよいと思いました。(子供のトイレ付き添いで席を立たれる方がいました)

東京オペラシティの場所・アクセス

最寄駅は京王新線の初台駅です。駅から直通で、雨の日も濡れずに建物内に入れます。エレベータももちろんあるので、ベビーカーでも安心して行くことが出来ます。
ちなみに、新宿から来る場合は京王線と京王新線が別で、乗り間違えると初台に着かないので注意が必要です。(私も笹塚まで行ってしまって、乗り換えて引き返しました)

車で来られる場合も、駐車場があります。台数は400台。そこまで混むことはないと思います。

東京オペラシティのアクセス詳細はこちら

授乳室・オムツ替えは?

授乳室はありません。母乳の方が授乳される場合、授乳ケープがあれば、喫茶店等で授乳が出来ます。ミルクの場合はお湯を持参された方が良さそうです。

オムツ替えは、地下1階、地上1階にある多目的トイレで出来ます。男性がオムツ替えする場合はこの多目的トイレで出来ます。女性の場合は、地下1階〜地上2階の女性トイレにベビーシートがあります。

トイレの場所詳細はこちら

レストランなど施設情報

おすすめのレストラン

地下1階、地上53〜54階がレストランフロアとなっています。喫茶店は地上1階にもあります。
子連れ・ベビーカーでの食事には以下のお店がおすすめです。

地下1階のブリティッシュパブ HUBは、目の前が円形の広場なので、子供を遊ばせながらお酒を飲むことができます。その隣のイタリアンレストランでは、子供を遊ばせながらの食事を断られました。昼間は子供がたくさんいて遊んでおり、我慢させるのは難しいため子連れの食事には不向きかもしれません。

その他のお店・ATM

地上1階には、本屋があり、子供向けのコーナーも充実しています。子供は椅子に座って絵本を読むこともできます。
ATMは地上1階にみずほ銀行、2階にりそな銀行とセブン銀行があります。

その他、クラシックコンサート情報

東京オペラシティでは、月に何回か入場無料のランチタイムコンサートをやっているそうです。(未就学児の入場はできません)
東京オペラシティのランチタイムコンサート情報
その他のコンサート情報は下記から調べることができます。
東京オペラシティのコンサートカレンダー
0歳から入場可能なコンサートの検索結果

他、託児サービスのあるイベント情報がまとめられた「イベント託児マザーズ」というサイトがありました。
コンサートだけでなく、演劇・美術館の情報もあります。託児料金がかかりますが、両親のリフレッシュに利用出来てとても良さそうです。