育休終了、仕事復帰に不安がよぎる

育休終了と仕事復帰に不安がよぎる

そろそろ保育園の合否が出る時期になりました。私の住む地区での発表はまだのようですが、毎日ポストの中を覗くのにドキドキしてしまいます。
上の子の時は育児が辛く、何が何でも保育園受かってほしいという気持ちで、仕事復帰を待ち遠しく思っていました。
しかし2人目育休中の現在は、仕事復帰に対して不安に思う気持ちの方が大きいです。それがなぜなのか、何を不安に思っているのか、少し書き出します。

なぜ仕事復帰を不安に思うのか

なぜ仕事復帰が不安なのか
うちは上の子が4歳で保育園に通っており、息子は2人目で同園への保活なので、通常より2点の加点が入っています。そして、都内にしてはそこまで待機児童が多くない場所でもあります。
なので、おそらく希望の保育園には受かっているはず。
しかし「もうちょっと赤ちゃんと一緒にいたい」とも思っています。これは上の子の時には欠片も思わなかったことです。

なぜ1人目の時は不安に思わなかったのか

上の子の時は、初めての育児で「母子が死なない状態にする」だけで毎日大変でした。寝つきが悪く、昼寝は30分だけ。1日中寝かしつけしているような毎日で、何のために自分が生きているのか段々とわからなくなっていました。
「せめて、平日日中だけでも保育士さんに育児を代わってもらいたい」という切実な思いで、保育園にどうしても受かりたかった。
生活のために仕事をしなければならないというのが、保育園に受かりたい理由の第一ではあるのですが、育児に追い詰められていた当時はこちらの気持ちの方が強かったです。
だから、仕事復帰には不安よりも希望の方が大きかった。

どうして2人目の育休終了が不安なのか

下の子の育児は、2人目ということもあって余裕が全然違う。上の子が大変だった分、そのスキルを活かせるため育児に対する悩みがほとんどない状態です。そして2人目の赤ちゃんはとても可愛い。育てやすいこともあり、心から赤ちゃんを可愛がることができます。
この可愛い赤ちゃんと離れる、というところに不安を感じます。今は完全母乳なので断乳もしなければならない。
また、前回の仕事復帰後1年間がとても大変だったので、その経験からの不安もあります。(関連記事:私がワーママをやめたくなったときの話

経験があるからこその不安、はとても大きいです。

自分が不安に思っていること

仕事復帰に対する不安
仕事復帰に際し、現在不安に思っていることを具体的に書き出してみます。(ぼんやり不安だなーと思うより言語化した方が楽になるので)

仕事に慣れるまでが不安

育休で約1年間も仕事を休んでいたので、仕事の勘はかなり鈍っています。以前のように仕事が出来るまで、それなりの時間が必要になると予想しています。それまで、上司や同僚には迷惑をかけるだろうと考えると憂鬱です。
おそらく長くても1ヶ月程度で慣れてくると思うので、それまでは周りに協力を仰ぎつつ頑張ろうと思います。

家事育児との両立が不安

慣れない仕事に加え、2人の子供の保育園送迎と帰宅してからの家事育児もあると考えると、両立はとても大変だろうと予測されます。以前は子供1人でも大変だったのに、2人もいる…。

2人の子の保育園送迎、帰宅後は家族4人分の食事準備、食器洗い、お風呂、家の片付けと掃除、洗濯、寝かしつけ。これが夫婦2人で出来れば労力も半分だと思いますが、夫にどこまで協力してもらえるのか、夫の仕事の忙しさによるためその時にならないとわかりません。
夫がいてもいなくても、なるべく楽が出来るように効率化を考えたいところです。(時短家電の活用とか、上の子を戦力にするとか…)

正直、夫に時短勤務してもらえればとても楽になると思います。しかしそれではお金の方が心配。
とりあえず自分が倒れるまでは、その選択肢はとっておこうと思います。

家族の体調不良が不安

これもすでに経験があるからわかるのですが、0歳から保育園へ行くと子供同士であらゆる病気をうつしあい、頻繁に保育園をお休みすることになります。上の子の時は復帰後の冬に有給30日分を全て使い果たしました。

今回は2人目なので、上の子への感染も不安です。子供のどちらかが感染症にかかれば、上の子・下の子に感染させないよう寝る場所を分けることも考えなければなりません。
そして子供だけの感染ならまだしも自分や夫にも感染した場合、さらに欠勤が増えます。子供の病気は不思議なもので、ほぼ100%親に感染します。1人目の時はこれが本当に辛かった。
家族の体調不良による欠勤でどれくらいまともに働けるのか、というのが一番の不安です。

家事育児のタスク再配分が不安

現在、育休中の私が平日はほぼ全ての家事を担っています。土日は夫も戦力になります。
私が仕事に復帰したら、平日の家事は夫婦で分担しないと私の方が負担で潰れてしまいます。

たまに、夫にそのことを話しますが、「そうだねえ」と上の空で返事があるだけで、どれくらい理解しているのかよくわかりません。夫にも家事をやってもらわないと、私の方が倒れてしまうのでやってもらうつもりですが。これも、いざ仕事が始まらないとどうなるのかわかりません。
実際に運用を開始してから適宜調整、というところです。

いずれ慣れる

これらの不安に、解消法は特にありません。保育園に受かれば、私は働きます。大変でもなんでもとにかく働いて、家族みんなで生きなければなりません。
病気が一番の不安材料ですが、2年も保育園へ通えば一通りの病気にかかって免疫がつきます。これも経験があるからわかりますが、大変なのは最初の1年。
これを越えられればきっと楽になる、という希望だけは持っていたいと思います。

その他の育児・共働き・4歳差姉弟・育休・出産などの漫画一覧