4歳差 姉弟の2人目育児が2ヶ月経った所感

2人目の男の子を出産してから2ヶ月が経ちました。妊娠中、胎児の性別がわかった時「姉弟のきょうだいか、どんな感じになるんだろう…」と不安に思ったのを覚えています。あの時の自分と、同じように4歳差姉弟の育児を不安に思っている方へ、現在の育児がどんな状況なのかを記します。
(定期的にこのテーマで記事書きます)

どうして4歳差?

我が家は最初から、きょうだいは2人で4歳差と決めていました。なぜかというと、

  • なるべく楽に育児したかった
  • つわりの時にオムツ替えをしたくなかった
  • 保育園の2人目加点を狙いたかった
  • 受験期を被らせたくなかった

これらを総合すると4歳差がベスト、という結論になったためです。4歳差であれば、ほぼ確実に上の子のオムツが外れているし、(おそらく)激しいイヤイヤもないだろうと考えました。また、仕事もずっと続けたかったので、保育園入園のために2人目加点を狙いたかったことも大きいです。保育園には2年間一緒に通わせることができるので、復帰後もしばらくは送迎が楽だろう、とも考えています。

そして、うちは産むのは2人までとも決めていたので、3人目の年齢差を考えなくて良い、ということもありました。もし3人目も産むとなったら、自分の年齢や子育てにかかる年数や受験などのことも考えて、2〜3歳差で産んでいたかもしれません。(が、経済的な理由で3人目はなしです。)

2人目妊娠中はどうだったか

つわり問題

まず、前述の通りオムツ替えをする必要がない年齢だったので、そこは楽でした。
食事は毎食作らなければならないのに匂いつわりで吐き気が出るので、素麺やパスタなど、匂いが平気な食事ばかり出していました。体力的にも料理はほぼできなかったので、コンビニで買ったり、マックへ行ったり、週末夫に作り置きしてもらうなどで対応しました。妊娠中は週1でマックへ通ったので、ハッピーセットのおもちゃが家にたくさん溜まりました。
仕事は34週ギリギリまでしていたので、毎日朝晩の送迎は夫に行ってもらっていました。

抱っこ問題

抱っこは、3歳頃から「お母さん体が痛くなるから立って抱っこは出来ない」と言って卒業済みだったので、いつも座って抱っこをしていました。外で「抱っこ!」と言われても、「お家に帰ったらいっぱい抱っこしようね」もしくは「お父さんに抱っこしてもらおう」と言い聞かせていました。運良く、抱っこでぐずることはありませんでした。

休日のお相手問題

休日は夫に遊びに連れ出してもらっていましたが、夫が仕事の時は家でテレビを観るか、寝転がりながらお絵かきやおままごとなどの室内遊びをしていました。本当に辛いときはトトロやズートピアのBDを流して2時間観てもらっていました。
AmazonのFire TV Stickも既に自分で扱えるようになっていたので、休日の午前中は1人であれこれ選んで観ていました。これには本当に助けられました。
それでも夕方になると「お出かけしたい!」と爆発しそうになりましたが、私の体調が悪いこと、外に出ると赤ちゃんも苦しくなること、など言い聞かせて我慢してもらいました。おそらく、娘もかなりストレスだったと思います…。

その他、2人目妊娠中大変だったことはこちらにもまとめています。

産後の2人育児

楽だと感じる時

着替え、トイレ、食事など、1人でできることが多くなっているのでほぼ赤ちゃんのお世話に集中できます。親1人で子供2人をお風呂に入れる時も、上の子をざざっと洗って「湯船入っていいよ」と言うだけで、あとは1人で遊んでくれて楽です。

「お母さんを取られた」という意識もないので、赤ちゃんに優しく可愛がってくれます。絵本の読み聞かせをしてくれた時は、そのお姉ちゃんっぷりに感動してしまいました。

また、4歳差だと上の子が年少さんで、もしお母さんが働いていなくても上の子が幼稚園へ通っていると思うので、平日の育児は幾分か楽です。
保育園の送迎は、赤ちゃんがいるから徒歩なので大変ですが、上の子が保育園まで往復20分かかっても自分で歩けるのでまだ楽です。年子〜2歳差だと、徒歩20分を自分で歩かせるのは難しいかと思います。真夏の場合は特に。

大変な時

ざっくり大変なことは、以下の4つです。

  • 上の子の赤ちゃん返り
  • 上の子のお手伝い欲求
  • 保育園送迎
  • 昼・夜の寝かしつけ

1人で出来ていたことも赤ちゃん返りからか、出来なくなったことに苛立ちます。遊びにはずっと付き合う、テレビも一緒に観る、食事は途中途中で口に運んであげる、次の日の登園準備は全部やってあげる、などです。「前は出来たのに…」と思うと辛いので、これもきっと今だけだ、と考えて付き合っています。(上の子の赤ちゃん返りについての記事はこちら

上の子が4歳だとお手伝いしたい真っ盛りなので、その気持ちを尊重しつつ簡単なことをお手伝いしてもらうという誘導もなかなか大変でした。うちの子の場合、配膳だけでは満足出来なくて「料理も手伝いたい!」というので苦労しました。食後に果物を一緒に切る、レタスを千切る、食材を重ねるだけの調理(サンドイッチ等)、などを手伝ってもらいました。その間、下の子は放置になるので精神がすり減ります。

下の子が夏生まれなので、平日は保育園の徒歩送迎で毎回汗ぐっしょりになるので大変でした。秋に産んでおけば、まだ暑くないだけ楽だったのに、とどうしようもないことですが考えてしまいます。

うちは上の子が寝ない子で、毎夜23時就寝なので下の子の眠りのリズムがずれてしまうことが最初は大変でした。下の子は20時には眠くてぐずりだしますが、寝ても上の子が騒ぐので30分で起きてしまい、その後ずっと眠れず23時〜0時に就寝になります。2ヶ月経った最近は、上の子に22時以降はもう喋らないこと、と言い聞かせて下の子が起きないようにしています。それでもどうしても下の子の就寝が遅くなるので、なるべくお昼寝で睡眠時間を調整するようにしています。
また、休日上の子が家にいるときの赤ちゃんの寝かしつけも難易度が高いです。テレビを観ていればテレビの音が眠りの邪魔になるし、テレビを観ていないと私と赤ちゃんにまとわりついてうるさくするので全然眠れません。眠ったと思っても15分〜30分で目が覚めるので機嫌が悪く、その後もずっと抱っこ…。平日は日中保育園に行っているから平和に眠れますが、1歳〜3歳差で2人育児している方はどうやって毎日暮らしているんだろう、相当大変だろうな、と思います。

上の子の育児用品、洋服の使い回しは?

2人の性別が違うので、難しいかなと思っていましたが無地の下着やユニセックスなシャツ、ズボンなどは使い回せます。新生児の肌着は吐き戻しのシミがたくさんついていて使えませんでした。ベビードレスはなんとなく、新品のものが欲しくて使い回ししませんでした。
今は赤ちゃんで性別が気にならないので、タオルはピンクのものを違和感なく使っています。
先日、楽天スーパーセールで子供2人分の洋服をまとめ買いしたのですが、お金が倍かかるのでげんなりしました。。
つい先日まで西松屋は楽天に出店していなかったと思うのですが、先月見たらあったのでまとめ買いしました。楽天出店、めちゃくちゃ嬉しいです!これで家にいながら西松屋で大量にまとめ買いができます!しかも1万円で送料200円。交通費考えたらずっと安い!本当に助かります。
西松屋チェーン楽天市場店

育児用品は、オムツゴミ箱など取っておいたのですが4年も経っていると劣化が気になり、結局新しく購入しました。4年前より使いやすくなっていたので買い直して正解でした。

うちが使っているゴミ箱はこちらです。ボタンを押すとパッと開くので手が汚れていても使いやすいです。

ベビー布団はミッフィー柄シーツのものを買ったので、そのまま押入れから引っ張り出して使い回しています。シーツは何色でも、上にタオルをかけるのでなんでも良いかな?と個人的に思います。
おすすめはやっぱり西川の布団ですよね。日本製で安心感があります。

ベビーカーは上の子の時にアップリカの赤いホロのものを使っていて、日焼けが少し気になりましたが2人目でも使い回しています。2人目を考えると、グレーのものを使えば日焼けも気にならず良かったかなと若干思います。

2人育児の難易度は子供の個性による

最後に、2人目育児の難易度ですが、これは子供の個性によるなと感じています。
うちは上の子が日中大人しく家で遊んでくれることと、下の子が寝ぐずりの激しくない子だったので、まあまあ穏やかに育児が出来ています。特に下の子はほとんど泣かない子なので助かっています。これが上の子と同じように寝ない子だったら、育児ノイローゼになっていたと思います。抱っこですぐ寝てくれる子で本当に本当に良かったです。

生まれてくる赤ちゃんの個性は、全く根拠はないのですが、妊娠中に感じたストレスが生まれてくる子にも影響しているのかな、と推測しています。上の子の妊娠中は転職前で、産休ギリギリまで残業残業でストレスフルな生活を送っていました。下の子の妊娠中は、転職して徒歩通勤だったこともあり、仕事・生活共にストレスがほとんどありませんでした。

胎児の個性への影響はさておき、母体へのストレスが良いものであるはずもないので、もしこれを読んでいる妊婦さんがいたらぜひ出来る限りストレスのないよう生活を送っていただきたいと思います。ストレスのコントロールは難しいですが…。

今後の不安

今は下の子が赤ちゃんなので、まだまだわからないですが今不安に思っていることは、

  • いつまで上の子が下の子と一緒に遊んでくれるか
  • いつから1人部屋が必要になるか
  • 下の子のおもちゃがどれくらい増えて家を圧迫するか

他にもいろいろありますが…上の子の赤ちゃん返りがいつまで続くのかとか…。
例えば、うちの娘はアソボーノが大好きでたまに連れて行くのですが、4歳差で更に性別が違う2人だと遊ぶエリアが分かれるのでは?という不安があります。そうなると大人1人では見れません。また、上の子の年齢が上がるとアソボーノで楽しめなくなるかな?というのも不安です。アソボーノは室内で思いっきり遊べて、夏のお出かけにすごく良かったので。
今のところ、上の子は弟をすごーく可愛がってくれているので、これからも同じ遊びに付き合ってくれる、と期待するしかありません。

まとめ

少なくとも我が家に限っては4歳差の姉弟きょうだいは育てやすいです。個人としては、保育園入園のことも考えると4歳差で大正解でした。この2ヶ月は赤ちゃん返りで大変でしたが、上の子が4歳ともなると「小さな大人」のように成長していて、「ティッシュ取ってきて」など簡単なお手伝いが出来て、これはもうすぐ立派な戦力になりそう、という予感があります。赤ちゃんの声を聞いて「かわいいね〜」と言ったり、顔を覗き込んで「ニコってしたー!」と喜ぶ姿にこっちが嬉しくなります。妊娠出産は、本当に辛くて辛くて大変でしたが、頑張って産んで良かったな…と思います。