仕事・生活

育休終了、仕事復帰に不安がよぎる

育休終了と仕事復帰に不安がよぎる

そろそろ保育園の合否が出る時期になりました。私の住む地区では発表はまだのようですが、毎日ポストの中を覗くのにドキドキしてしまいます。うちは上の子が4歳で保育園に通っており、息子は2人目で同園への保活なので、通常より2点の加点が入っています。なので、おそらく希望の保育園には受かっているはず。しかし「もうちょっと赤ちゃんと一緒にいたい」とも思っています。これは上の子の時には欠片も思わなかったことで

育児ブログを書く理由、目標、得られたことなど

私が育児ブログを書く理由・目標・得られたことなど

このブログを始めて半年が経ちました。今まで書いた記事は73件。本腰を入れ始めた2018年9月からは、平日ほぼ毎日更新ができています(休む時もあります)。ブログを運営することで様々な知見を得ることもできました。この記事では、なぜ私がブログを始めたのか、何を目的・目標にしているのか、育児しながらブログを書くコツ、ブログから得られたこと、などについて書きます。

死にたかった私を読書が救った話

死にたかった私を読書が救った話

先日、鉄道での自殺防止ポスターが「逆に辛い」とSNS上で議論されていました。私も見てみましたが、確かに「死にたさが増すな」という印象を受けました。

クリスマスプレゼントにすぐ飽きた娘と幼い頃の私

クリスマスプレゼントにすぐ飽きた4歳娘と幼い頃の私

今年2018年、娘へのクリスマスプレゼントは妖怪ウォッチエルダでした。クリスマスから2日しか経っていないにも関わらず、4歳の娘はすでに妖怪ウォッチに飽きてしまい、おもちゃ箱の中へ仕舞い込まれてしまいました。自分にも経験があった「すぐ飽きたおもちゃ」私自身にも、小さい頃にセーラームーンのおもちゃをねだって買ってもらったものの、実際にはあまり遊ばなかったという経験がありまし

ワンプレートの仕切り皿で食事を時短

食事の時短にワンプレートの仕切り皿を取り入れた話

ある日突然、食事の準備にお皿を何枚もガチャガチャ出して、食後もガチャガチャ片付けるのが嫌になりました。我慢の限界を迎えたような感覚で。子供のお皿は幼児食になった1歳頃からずっと仕切り皿を使っており、出すのも片付けるのも楽だったため、大人もマネして仕切り皿にしようと思いました。今回は仕切り皿を取り入れたことで良かったことを書きます。

育休中も時短家電に助けられている

第二子育休中、時短家電に助けられている

私は2018年11月現在、育休中の身です。共働きフルタイムの時からコツコツと買い集めた家電のおかげで、今は毎日ルーティンの家事(掃除・洗濯・食器洗い)が30分で終わる生活を送っています。現在の生活について少し書き記します。 目次

日立の洗濯機がとてもいい

2018年購入した洗濯機「洗濯乾燥機 BD-SG100B」は風アイロンが最高!レビュー

先日、洗濯機が壊れ、急遽買い換えることになりました。買い換え前は小さめのドラム式洗濯乾燥機を使っており、次は10kg以上の大きな洗濯機が欲しい、と考えていました。そして購入したのが「洗濯乾燥機 BD-SG100B」です。これのレビューを書きます。 目次

ワーママやめたいと思った時

私がワーママをやめたくなったときの話

第一子を出産して仕事に復帰し、ワーママとなった私ですが、その日々は想像以上に過酷でした。仕事をしている間だけは家事育児から解放されて、好きな食事も食べられる。でも、仕事自体が忙しく、家に帰れば家事育児のタスクが山積み。つまり、ダブルワークで激務の日々です。私は家事育児に協力的な夫を持っていても、定期的に限界を感じて「やめたい」と思います。私が究極に「ワーママやめたい」と思ったときの話を書きます。

冷蔵庫「置けるスマート大容量 Bシリーズ」レビュー

2018年購入した冷蔵庫「置けるスマート大容量 Bシリーズ MR-B46CL」レビュー

2018年ももうすぐ終わりますね。もう11月です。1年過ぎるのが早い…。今年の我が家は家電の入れ替え時期だったらしく、一気に3台が故障し買い替えました。家電は一度に壊れるというやつですね。結婚した時に買った家電たちなので、購入から6年目というところでした。6年ではまだ持つのではと思いましたが、その間に2度引っ越しをしたのが負担だったのかもしれません。買い換えた家電は、冷蔵庫・洗濯機・ビデオレ

自分が親として相応しいのかという葛藤

「自分が親として相応しいか」という葛藤

子を産む前は、私は自分のことを「平凡」だと思っていました。「こんなに平凡な自分が、親になれないはずがない。だって多くの人が親になっているのだから」と考えていました。そして、親となった現在、その考えが甘かったということを実感する日々を送っています。なぜ「親として相応しいか」と悩むのかどうして悩むのか、原因はこんなこと