仕事・生活

ワーママやめたいと思った時

私がワーママをやめたくなったときの話

第一子を出産して仕事に復帰し、ワーママとなった私ですが、その日々は想像以上に過酷でした。仕事をしている間だけは家事育児から解放されて、好きな食事も食べられる。でも、仕事自体が忙しく、家に帰れば家事育児のタスクが山積み。つまり、ダブルワークで激務の日々です。私は家事育児に協力的な夫を持っていても、定期的に限界を感じて「やめたい」と思います。私が究極に「ワーママやめたい」と思ったときの話を書きます。

冷蔵庫「置けるスマート大容量 Bシリーズ」レビュー

2018年購入した冷蔵庫「置けるスマート大容量 Bシリーズ MR-B46CL」レビュー

2018年ももうすぐ終わりますね。もう11月です。1年過ぎるのが早い…。今年の我が家は家電の入れ替え時期だったらしく、一気に3台が故障し買い替えました。家電は一度に壊れるというやつですね。結婚した時に買った家電たちなので、購入から6年目というところでした。6年ではまだ持つのではと思いましたが、その間に2度引っ越しをしたのが負担だったのかもしれません。買い換えた家電は、冷蔵庫・洗濯機・ビデオレ

自分が親として相応しいのかという葛藤

「自分が親として相応しいか」という葛藤

子を産む前は、私は自分のことを「平凡」だと思っていました。「こんなに平凡な自分が、親になれないはずがない。だって多くの人が親になっているのだから」と考えていました。そして、親となった現在、その考えが甘かったということを実感する日々を送っています。なぜ「親として相応しいか」と悩むのかどうして悩むのか、原因はこんなこと

とあるワーママの1日スケジュール

とあるワーママの1日のスケジュール、転職前後の比較

ある日の私の1日です。子は3歳、徒歩10分の会社でフルタイム勤務をしている生活です。毎日仕事より家での生活が全力ダッシュ。仕事してる時は息抜き、のような感覚です。

産後3ヶ月でエステを受けた話

産後3ヶ月でエステを受けた話

先日、産後3ヶ月で誕生日を迎えたのでエステを受けてきました。産後エステというのもよく聞くので、特に問題なく普通に受けられるものと思ったのですが、そうでもなかった、という話です。

誕生日に叙々苑ランチ

30代の誕生日をめちゃくちゃ楽しく過ごそうと思った話

先日、誕生日を迎えた私は、貴重な30代の誕生日をどう過ごそうかと人生で初めて真剣に悩みました。10代の頃は家族で祝ってもらいましたが、愛情より義務感で祝われているようで虚無でした。20代は、当時の彼氏(現夫)に祝ってもらいましたが、「喜ばなきゃ相手に悪い」という気持ちが強くて、嬉しいと思いつつ与えられる物に戸惑う気持ちの方が強かったです。そして、30代。もう人生このまま無駄には過ごせない、楽

ワーママは夫の食事作りをやめると楽になる

ワーママは夫の食事作りをやめると楽になる

共働き家庭で問題になることの一つに「夫の世話」があると思います。

ワーママが転職エージェントを利用した所感

ワーママが転職エージェントを利用した所感

ワーママ転職の体験談はこちら[blogcard id="132"]利用した転職サービスワーママが転職エージェントを利用した所感メリットデメリット

子連れクラシックコンサート鑑賞

入場無料!幼児の初クラシックコンサート鑑賞を東京オペラシティで

この度娘が4歳になったのを機に、子連れで初のクラシックコンサート鑑賞へ行きました。うちの夫は学生時代、アマチュアのオーケストラ楽団に所属していたので、いつか娘も連れて行きたいと言っており、それがやっと実現しました。幼児連れのコンサート鑑賞の所感、入場無料のコンサート情報、東京オペラシティの情報等をまとめます。

1日徒歩5kmの保育園送迎を1ヶ月続けた結果

我が家から保育園までは、往復5km、徒歩1時間弱かかる道のりです。以前は自転車で送迎していたのですが、下の子が生まれたことで徒歩での送迎になりました。それを1ヶ月続けた話を書きます。 目次 保